Work of Kumai Kyoko

熊井恭子作品抜粋

| 11 | 日本クラフト展作品
Works of Japan Craft Exhibition

1968年一枚の美しい布に出会った私は織の不思議を体得すべく手織りによる布作りを始めた。 1975年から布を膨らませてみたくて金属素材を取り入れた。糸を手にして50年,織る、縫う、編む、捩る、綯うといった技法で私がこれまでに出会った八百万の神を空中に描いてきた。尊崇の念を込めて。
1975年から日本クラフト展に作品を出品してきた。会場は2003年までは松屋銀座、2013年まで丸ビルホール、2014年からミッドタウンデザインハブ。いずれも東京都

| 1 | 背骨を持った布
Clothes with Backbones

| 2 | 金属布の誕生と展開
The Birth of Metallic Clothes

| 3 | 不織布の誕生と展開─1
Off Loom Works-1

| 4 | 球体の誕生と展開
The Birth of Spheres & Bowls

| 5 | スクリーン
Screens




top